爆発防護のプロフェッショナル

ATEX JAPAN 有明事務所がスタートしました
お役にたつ安全のパートナーとして!

国際標準規格適合製品ATEX製品で工場の安全確保へ

爆発火災の予防と被害軽減 〜コンサルから試運転まで〜

出展情報

粉体工業展 大阪 2017に出展します

会期:2017年10月11日[水]~ 13日[金]
会場:インテックス大阪(南港)5号館 小間 5-63

詳細はこちら!

INCHEM TOKYO 2017(インケム東京 2017)に出展します

会期:2017年11月20日[月]~ 22日[水]
会場:東京ビッグサイト 東ホール 小間 2J-12

出展社セミナー ATEX爆発防護(株) 鉾田泰威

講演: ATEX・製防爆技術と製品についてご紹介
日時: 11月22日(水) 15:30〜16:00
会場: 東3ホール セミナー会場A

詳細はこちら!

お知らせ

 

爆発抑止システム

爆発の発端を、光もしくは圧力で検知し、瞬時に消火剤を放出しファイアーボールを消炎するとともに周囲を不活性化します。非火薬類であるガスジェネレーターと再使用可能な急速開放弁を使用します。破裂封板式ではないので復旧コストが低減されます。

詳細情報

高熱水抑止システム

Flameless Vent

爆発の発端を光もしくは圧力で検知し、瞬時に熱水(蒸気)放出し爆燃と周囲を不活性化します。放射距離は粉末の5倍以上であり、広空間にも効果的です。非火薬類であるガスジェネレーターと再使用可能な急速開放弁をします。熱水の充填のため作動復旧費用が軽減されます。

詳細情報

瞬間遮断弁

Spark Detection System

爆発の発生を光もしくは圧力で検知し、爆燃のダクト伝播を遮断します。工場供給の空気源を蓄圧し、トリガーで開放しシリンダーロットを加圧しスライドバルブを閉位置に動作させます。遮断するダクト径によってことなりますが、数10mm/Sの速度で完閉します。作動復旧が電気的操作で容易であり、ほとんどコストがかかりません。

詳細情報

ATEXフロートバルブ

ダクトにおける爆燃の伝播を遮断する受動型遮断弁として改良をかさね開発されたものです。爆発時、爆発の風速によって開位置にラッチされたフロート弁が軸方向に移動し、閉位置に固定され伝播を遮断します。受動型遮断弁としては耐圧型の強度を有します。フロート弁の開、閉ラッチがされており、従前のようなフロート弁の遊動による乱流・圧損、誤作動を根本的に改善しました。操業中のフロート弁を通過する粉流の圧力損失、乱流についてはわずかで操業に支障ありません。

詳細情報

消炎型爆発放散口

Flameless Vent

爆発放散口は最も費用効率の高い爆発防護の方法ですが、屋内(室内)に放爆することは被害拡大につながります。放散口カバーに消炎・圧力吸収機構(ステンレスメッシュ)を付加し、圧力上昇を抑制し、粉塵や火炎を外に流出させません。通常の放散口カバーも多く扱っています。

詳細情報

お問い合わせ

ATEX爆発防護株式会社

東京都江東区有明3-5-7
TOC有明 ウエストタワー7階

Phone Number

03-6457-1311

Fax Number

03-6457-1341

コンセプト

経験豊富なエンジニアが、爆発防護ソリューションを提供します

開発から設計、設置、保守点検サービスまでワンストップで対応します

ATEXの製品はすべて、94/9/EC防爆指令の認可を受けています。また、保守点検サービスの観点から最適化を図ることで、最もリーズナブルな価格で最適のソリューションを提供します